2008/09/15

griffon(grailsライクのjavaデスクトップアプリフレークワーク)

ずっとgroovyのサブプロジェクトを見てきたのですが、 興味を持って待っていたプロジェクトの成果物がようやく公開されました。

Griffon

実際に Quick Start を参考に、デスクトップアプリを作成してみた。

Griffonのインストール

  1. griffonをダウンロード
  2. griffonを適当な場所に解凍
  3. 環境変数"GRIFFON_HOME"にgriffonの解凍先パスを設定
  4. 環境変数"PATH"にGRIFFON_HOME\binを設定

Griffonでサンプルアプリケーション作成

  1. griffon run-app DemoConsole を実行
  2. 作成されたDemoConsoleに移動(cd DemoConsole)
  3. DemoConsole/griffon-app/models/DemoConsoleModel.groovy を編集( 上記サイトを参照)
  4. DemoConsole/griffon-app/controllers/DemoConsoleController.groovy を編集( 上記サイトを参照)
  5. DemoConsole/griffon-app/vies/DemoConsoleView.groovy を編集を編集( 上記サイトを参照)
  6. griffon run-app を実行
これで、簡単な計算機デスクトップアプリが起動されます。 (テキストエリアに計算式を入力し、Executeボタンを押下すると結果が表示される)

使ってみた感想としては、

  1. 必然的にMVCモデル準拠なつくりになる
  2. Swingアプリケーションが間単に作成できる
  3. Java Web STartやappletで公開可能なパッケージが自動生成される griffon package を実行)
など、作成が大変楽。 とくに3つ目が僕にとっては楽チンに感じた。 当然のことながら groovyで作成できる というのも魅力。

今後、griffonのことも書いていきたい。

今後の課題

詳細までわからないけれども、 grails package コマンドにて、targetフォルダにjnlpやappletが作成されるが targetフォルダごと別の場所に移動させた場合に アプリが正常に起動しない 。 もしかするとproject作成直後は各種設定が絶対パスにて設定されている可能性あり。 もうちょっと調べてみよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿