2008/10/08

griffonで複数ファイル一括置換GUIアプリ作ってみる

ubuntuでの開発環境もようやく一通りできました。
やはりgroovy、grails pluginを入れたeclipseで開発していこうと思います。
補完機能は弱いけど、色分けとエラー表示できればOK。

さっそくアプリを作成する準備

ubuntuを使ってみた感想としては、今までのlinuxuディストリビューションよりもはるかにGUIが強いなぁって感じです。
僕みたいなCUI操作苦手な人間には大変使いやすい。
でも、windowsほどGUIアプリ多くないのかなともいます。なので、自分が必要なものは人も必要、勉強がてら作ってみよう、という気持ちで、griffonアプリを作る異にしてみた。

google codeにプロジェクト作った

取り急ぎ。
もうそのまま。griffonのファイル一括置換ツールです。

機能

今はフォルダパス、置換前文字列、置換後文字列、エンコードを指定して置換実行する程度。
エンコードとか、コンボボックスにしたいのだが、swingに不慣れ(webばかりやっていたため・・・)で、コンボボックスひとつ配置するのに右往左往する状態です。
とりあえずはテキストボックスで配置。
一応フォルダ内置換はできた!

今後やりたいこと

  • サブフォルダを対称にするかどうかを指定可能
  • 正規表現を使用するかを指定可能
  • 大文字小文字を区別するかを指定可能
  • ファイル名を対称にするかを指定可能
  • ファイル名のワイルドカード
  • Excel、Word、Ods、Pdfなども処理対象に

0 件のコメント:

コメントを投稿