2008/11/09

javascriptも捨てがたい・・・

現在参入中のプロジェクトでは

  • クライアントサイド
  • サーバーサイド

がともにjavascriptでかかれています。

クライアントサイドがjavascript、というのはweb系のシステムならブラウザを使用する以上当然かもしれません。

サーバーサードがjavascriptとはどういうことかというと、im-jssp frameworkを利用しています。あまり知られていないかもしれません。

仕組みとしてはjava servlet container、rhinoを利用してサーバーに配置されたjavascriptファイルを実行してレスポンスを返す、というもの。これが簡単そうで意外と奥が深い。

  • mixin
  • クロージャ

のような機能はjavascriptに既に存在していたんですね。

 

そういえば現在使用中のubuntuでも、apt-get install rhinoを実行するとrhinoがインストールされます。

コマンドからrhino -f fileと打ち込むとクライアント処理をjavascriptで記述したスクリプトを実行できます。

 

会社でjavascriptの本を見つけて読んだら、いかにjavascriptを誤解していたかよく分かりました。groovyなければ絶対javascriptでスクリプト組んでいたでしょう。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿