2009/03/29

ライブラリ化したクラス拡張コードを呼び出すスマートな方法は?

metaClassを使用してクラスを拡張する場合、拡張処理をどんな風に一元管理しようかいつも迷う。

いつもやっている方法は以下のとおり。

  1. Extention.classというクラスを作成
  2. 拡張処理を記述
  3. 利用したいコードの先頭で拡張処理の呼び出し。

具体的に例を。

Extention.groovy

String.metaClass.define{
    toFile{
        def file = new File(delegate)
        file?.exists()?file:null
    }
}

Test.groovy

#!/usr/bin/env groovy
import Extention

Extention.main()

println "/home/genzou".toFile().parent
println "/home/dummy".toFile()

呼び出したい拡張処理を記述したクラスのmainメソッドを呼び出す。

使用する側のコードをもうちょっと短くするなら、以下のとおり。

Extention.groovy

class Extention{
    static{
        String.metaClass.define{
            toFile{
                def file = new File(delegate)
                file?.exists()?file:null
            }
        }
    }
}

Test.groovy

#!/usr/bin/env groovy
import Extention

Extention
// Class.forName("Extention") でも同じ

println "/home/genzou".toFile().parent
println "/home/dummy".toFile()

ほんのちょっとしか変わらないけど。いきなりクラス名を記述されてもなにがなんだかっていうのもある。

ライブラリ化した拡張を使用する場合にはどんなやり方がスマートなんだろう?

0 件のコメント:

コメントを投稿